茶道具

茶筒(中)Sold Out

chadutsu-m
chadutsu-m
chadutsu-m
chadutsu-m
chadutsu-m
chadutsu-m

明治時代より引継がれる福岡県久留米市の伝統的工芸品

熟練職人たちの手作業から生まれた漆器です。

竹ひごを編み上げ、何層にも塗り固めた籃胎漆器の茶筒です。
内側はスチールなので密閉率が高く、茶葉が空気に触れにくい構造になっています。
蓋上部は亀甲編み、側面はあじろ編みです。
研ぎ出しによる模様をお楽しみください。

久留米籃胎漆器(くるめらんたいしっき)とは、竹の名産地である福岡県の筑後地方の特産品で、研ぎ出しによる模様や艶を出したデザインが特徴の竹を編みあげた漆器です。
久留米に永く住んでいるご家庭なら「どこの家にでも1つはある」というほど、地元に根付いている工芸品である一方、
現在、全行程を国内で生産している籃胎漆器は希少になっています。

明治時代に創業した「井上らんたい漆器」では現在も地元の真竹を使い、この道30年~60年の職人たちが昔と変らず久留米市で作っています。

錆 仕上げ

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥6,900(税別)

SOLD OUT

艶あり 黒

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥6,900(税別)

SOLD OUT

約 直径7.5×12.5cm

他のサイズもございます。↓↓

・茶筒(大)
・茶筒(小)
・茶筒(極小)

福岡県久留米産 真竹、ウレタン塗装、スチール缶

100℃以上の高温に晒すと傷む原因となります。
業務用の食器洗い機のご使用はなるべくお避け下さい。
籃胎漆器は大切にお使い頂ければ、何十年とご使用いただけます。
お手入れは、水で洗っていただき、綺麗に拭きあげていただくだけで、特にご注意頂きたい点は有りません。
硬い所にぶつけたり、温度100度近くの物を直接載せる等は、傷む原因となります。
ご注意下さい。



※お使いのブラウザによっては実物と多少色が異なります。ご了承くださいませ。